読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RG-Blog-OT

社会不適合者の、社会不適合者による、社会不適合者のためのブログ。

絵師の奴隷解放宣言。

えー皆さん、おはようございます、RGBOTです。
今日もよろしく、お願いいたします。
 
今回は同人のお話です、最近急速な広がりと闇を見せるオタク業界、行く末には何があるのでしょうか。
 
 
最近テレビやネット、雑誌等で、いろいろな作品が取り上げられ、連日面白そうな情報が僕の目に入ります。
 
その中で一つ、とても僕の好きなジャンルがあります。
 
 
それは、
 
 
 
というジャンル。
平たく言えばアイマスのソシャゲ版です。
(私事ですが村上巴と首藤葵の担当です)
 
同人会話というのは実のところ”無法地帯です。
面白さを求めるあまりいろいろ崩壊したり、ガキを満足させるためにウンコみてーな百合を描いたり、そしてフォロワーが多くて調子に乗る絵師も多いので、僕たちパンピーがどれだけ頑張っても、”無法地帯”。(声優になればなんとかなるけどね)
 
 
たしかに、自分が好きなキャラクターの絵が描かれた場合嬉しいですが、それに苦言を呈す場合はハイリスクミドルリターンであり、自分の意志で伝えるのは勇気と面の皮が必要です。
 
実は、ここ1年ぐらい、このことがずっと気にかかっていました。
 
 
《自分は担当キャラの本を読みたいのに、たった「広島生まれ」という理由で、クソつまらねえネタを読まされる。》
 
自分が求めているのに、『野球ネタ』なんかに「ちょっと待った!」をかけられているのです。
 
似てるキャラクターなだけのネタを見ることができて、
元の本物のキャラクターは見ることができない。
 
「なんで、人間が幸せになる為に発明した『キャラクター』に、変なキャラ付けをされ、人気になる流れが生まれてんの?」
と思いました。
そして、その『変なキャラ付け』で人気が上下することが当たり前になっていることに猛烈な気持ち悪さを覚えました。
 
「絵師が勝手につけたキャラ付けで人気になりまーす」ってナンダ?
糞ダセー。
 
……いや、モノによっては、そういうモノがあってもいいのかもしれません(←ここ大事!ニュースやバズッターやまとめになると切り取られる部分ね)。
 
はたして全てのキャラクターが『変なキャラクター付け』を介さないといけないのでしょうか?
 
SNSで誰とでも繋がれるようになり、『国民総お隣さん時代』となりました。
お話をすれば声は届くのですが、時折高い高い”囲い”に阻まれることがあります。
 
パンピーの「やめて」という《言葉》で辞める絵師がいるとしましょう。
 
囲いが「やめないで」ってたくさん言うとします、大体やめません。
 
やめるやめない騒動で少し有名になったところでまた始めて人気になる。
このスパイラルが続いているのです。
 
もしかすると、『本当のキャラクター』は、帰ってこないのではないか?
 
 
そんなことを思い、
そして、
一度思ってしまったら、行動せずにはいられないタチなので、行動します。
 
僕たちのようなパンピー
好きなキャラの本当の良さを教えて、知ってもらって、
これまで色々なペンキを塗られたキャラの上に少しずつ、元の色を塗っていきましょう。
共存でもいいのです。
 
絵師の所有物を開放しましょう。
 
絵師の奴隷解放宣言です。
 
いやなら見るなって話かもしれませんが、嫌だから見たくないって言われたスカトロ絵師がツイッターのアンケートで
「スカトロ絵やめたほうがいいですか」
って投稿して”やめて”にそこそこ票が入って辞めるって流れや、
”スカトロ嫌い”っていう流れで書かない人をたくさん見てるのに、
くそつまんねえ野球ネタ書いて満足してるウンコ共(スカトロにかけた)や、
女同士をひっつけてボディタッチさせて赤面させて百合漫画書いたと思ってるウンコ共(スカトロにかけた)がのうのうと漫画を描いてる事実に憤ってるので、見る見ないの話ではないのです。
 
幸腹グラフィティが終わったのにあっちこっちとかいうゲロとウンコの集合体が未だに続いてるのめっちゃムカつきませんか?って話です。
 
 
 
 
言いたいことをまとめると、ウンコみてーなの書いてる絵師は辞めるかスカトロ絵を描かんかい!
 
もう一度言います。
 
 
 
 
スカトロ絵を描かんかい!
 
 
 
 
ご清聴ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

それでは!比企谷小町になって兄の八幡のケツマンをいじりまくってメスにしたいブログ」改め、

「ペニバンで少年メイドの小宮千尋きゅんのアナルを三日三晩犯しつくしたいブログ」スタートです!