読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RG-Blog-OT

社会不適合者の、社会不適合者による、社会不適合者のためのブログ。

創価で起きた○○な事

ども~RGBOTです。今日はあいにくの天気で部屋でギャルゲーをしていました。ガチ恋しそうです。

 

そんなわけで本日もネタがないので、お題箱からネタを拝借します。

 

今回のお題は「創価で起きたおもろかった事」。

 

あまり””事””と言うとないですが、創価を信じて狂ってしまっている面白い人ならたくさんいます。

 

RGBOTの親は結構なマジ学会員なので息子の自分は会合とかに呼ばれるわけですが、会合で信じて自分が変われた体験(いわゆるマイ・レボリューション体験)を聞かされる事があります。

 

話す人みんなどん底の時に宗教にすがりついた人ばっかで「ああ、カルトだなあ」って実感できるんですよね。アホだなあって思えて面白いです。

 

他には勤行を1時間唱える人とか知り合いにいて結構マジで引いたことがあります。

 

一番面白かった人は未来部が主役って感じのテーマな会合にいた子なんですけども、その時は親がマイ・レボリューション体験を話し、子供が将来の夢を語るという激エモな企画だったんですね。もう面白い。

 

その企画で夢を語ってくれた小さい女の子の口から「池田大先生が作ってくれた創価女子短期大学に入って、美容師さんになりたいです。」と出た時、後ろに立って微笑んでいた母親と相まってマジで笑いそうになりました。

 

口の内側めっちゃ噛んで笑いをこらえてましたね。その時最前にいたのでマジで笑えない状況でした。

 

まあ色々あった中で一番面白かった事はやっぱり、「友達が俺の家に遊びに来た時に俺の母親に公明党への投票を勧められた事」ですね

 

みんなも公明党への投票を呼びかけられたら適当に返事してやり過ごそう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは引き続き「スク水を来た我妻浅梨きゅんのぷにぷにおちんちんに水着の上からバイブを当ててだんだん勃起していくのを眺めてから勃起した浅梨きゅんおちんちんを出してオナホールを使って強くシゴいてから寸止めしまくる射精管理して苛め抜きたいブログ」をお楽しみください