読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RG-Blog-OT

社会不適合者の、社会不適合者による、社会不適合者のためのブログ。

いよぉ〜ッ、ちんちんっ!

ども~、RGBOTです。

 

本日は大学方面に用事があり、昼飯を大学付近のラーメン屋で済ませたのですがメチャクソうまかったです。

 

やっぱり家系ラーメンは最高ですね。家系のスープをホットポッドに入れて持ち歩きたいです。

 

本当に大学付近のラーメン屋はなんでこんなにうまい店ばかりなのでしょうかね。

 

閑話休題

 

本日もロクなネタが見つからず、麻雀をやってきて疲弊しているのでお題箱に入っていたお題で本日の更新とします。

 

RGBOTお題箱URL→http://odaibako.net/u/RGBOT_tmbkr 毎秒投稿しろ

 

お題①「いよぉ〜ッ、ちんちんっ!(2017/03/03 02:01:24

 

A,殺すぞ

 

お題②「いよぉ〜ッ、ちんちんっ!(2017/03/22 20:18:33

 

A,殺すぞ

 

お題③「いよぉ〜ッ、ちんちんっ! (2017/03/22 20:20:01

 

A,殺すぞ

 

お題④「いよぉ〜ッ、ちんちんっ!(2017/03/22 20:30:37

 

A,殺すぞ

 

お題⑤「

 

A,、ちつ、ドイツ語Vagina (ファギナ)、英語Vagina (ヴァジャイナ))は動物雌性生殖器のうち、体内にあって体外開口部に連なる末端部。機能としては、雄の精子注入装置である陰茎を受け入れるための部分を指す。

動物一般[編集]

体内受精をする動物には雄が精子を雌の体内に注入するに当たって、雌の体内に挿入して精子を送り込む管状の構造を発達させるものがあり、これが陰茎である。雌の生殖口にこれを受け入れる構造がある場合、その部分を膣と呼ぶ。それは生殖口の開口部の出入り口にあたり、当然ながら卵や幼生の出る口ともなる。無脊椎動物を含め、体内受精を行う動物ではこの構造を持つ例は少なくなく、下等な方では無腸類にもその例がある。

ただし、雄に陰茎があっても雌に膣があるとは限らない。たとえば昆虫のナンキンムシでは雄はペニスを使い、雌の体表を突き破って精子を送り込む。逆に、陰茎が無くて膣を有する例もある。クモ類では雄の生殖口には特に構造が無く、雌体内への精子注入の装置は触肢にある(触肢器官)。そこには精子を注入する針状の構造があり、それを受け入れる雌性生殖器官の部分はやはり膣と呼ばれる。

脊椎動物の場合[編集]

哺乳類ではメス子宮から体外に通じる管状の器官であり、交接器と産道を兼ねる。また、膣の開口部(膣口)は、外陰部に位置する。鳥類やいくつかの爬虫類および単孔類など一部の哺乳類における膣は、総排出腔(=総排泄腔)であり、昆虫無脊椎動物においては、卵管(=輸卵管)の末端部である。

ヒトにおいては女性器の一部である。酸性成分に満たされており、膣内に射精された精子も約99%が死滅するほどである。膣の長さは白人の場合思春期前は8cm以下であるが、初経発来時には11cmに拡大する。

以下、この記事はヒトに関するものを扱う。

語源[編集]

一般的には「」と表記されるが、「(しつ)」が使われる場合もある。いずれも常用漢字外である。小川鼎三の「医学用語の起こり」によると、「腟」は『重訂解体新書』(『解体新書』の改訂版)を訳出する際に作成した新字であり「しつ」と読ませようとしたが、既存の似た文字である「膣」に取って代わられ、読みも「ちつ」になったとされている。しかし、いずれの字も『康熙字典』に存在するため、この説には疑問が残る。ちなみに、中国語における「膣」は「肉が出来る」といった意味を表し、この字が女性器を表すのは日本語の用法である。Vagina のことを中国語では「陰道」と言う。

Vaginaラテン語や植物の葉鞘子房といった鞘状の構造一般を意味する vāgīna(ワーギーナ)に由来し、解剖学では膣を含めたさや)(包膜、包被としての役目を担っている構造)を意味する。膣粘膜は、vagina mucosaと呼ぶ。

 

膣と言いますと、やはり「処女膜」というワードが浮かぶ読者の方も多いのではないでしょうか。

 

やはり男というのは誰しも最初は、処女膜を追い求めるもの。

 

しかし、人は年を取るにつれ、夢を捨て、現実を見ます。

 

セックスして、そんな処女膜の感触を感じない事に気づいたり、彼女が非処女だったり。

 

そんな現実を目の当たりにして、人は大人になっていくのだと感じます。

 

しかし、そんな現実を目の当たりにしていないタイプの人間がいます。

 

それは「童貞」です。「童貞」とは現代の場合性交をしたことのない男性を指される言葉として使われています。

 

著者である私もその「童貞」のひとり、そして私の友人にも「童貞」がたくさんいます。

 

ちなみに、中学ラグビー部の同級生は全員童貞を卒業しています。悲しいね。

 

そして童貞というのは時に他の童貞と交流を交わします。それは、「お前、どんな女がタイプ?」や、「AVの好きなジャンルって何?」などなど多種多様ですが、童貞の在り方を訊く一番の質問として「処女の方がいい?」というのがあります。

 

これは「自分が童貞なのに、女に非処女を許せるか。」という懐の広さを問う質問で、トロッコ問題などと並ぶ倫理学主要問題と言えるでしょう。

 

処女がいい!という人もいますが処女じゃなくてもいい、という人もいます。自分は後者です。

 

今のジブンの有様を見て、処女を選べる器ではないだろうと思っているからです。

 

しかし、そう思っていてもアダルト・ゲームのヒロインが処女だったり、初挿入シーンで血が出たら滅茶苦茶嬉しいし、非処女だったらちょっと残念になるのです。

 

それはなぜでしょうか、答えは簡単な事です。

 

「男という生き物は生まれながらにして”処女厨のジブン”が眠っている」

 

たったそれだけ。以上です、ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは引き続き、「鹿田ココノツきゅんにガニ股の体勢を取らせてそのままアナルにペニスを即ハメして乱暴に腰を打ち付けられてガニ股の状態で下品に喘ぐココノツきゅんを揺れるショタから成長しながらもまだ小さめのちんちんと楽しみたいブログ」をお楽しみください。